トップ

自転車保険は加入すべきなのか

自転車は、手軽で便利な移動手段です。しかし自転車に乗っていて誰しもがヒヤッとした経験があるのではないでしょうか?

スピードを出し過ぎて急に停止できずぶつかりそうになった。スマホをいじりながら走っていて転びそうになった。子供を乗せていて、バランスを崩して二人とも倒れそうになったなどいろいろあります。
もし事故に遭ったとき、事故を起こしてしまったとき助けになるのが「自転車保険」です。
自転車保険の加入をお考えの方におすすめサイト。

自転車保険にいちいち加入しなくてもと思うかもしれませんが、加入を前向きに考えるべきどんな理由があるでしょうか?

加入を考えるべき理由として、自転車事故による賠償請求金額が高額になっているという点です。
例えば、事故を起こしてしまい、被害者がケガをして障害が残った、あるいは死亡したという場合、高額の損害賠償請求を命令されることがあります。実例では1億円近くの賠償金を支払うよう命令されています。
高額の支払い請求が出された場合、自転車保険に加入していればそれによって賠償していくことができます。

自転車事故で車や物を壊した場合に備えるという意味合いもあります。こちらの不注意で自転車で車を破損した、物を壊したという場合もこの自転車保険で弁償費用をカバーできます。

さらに自分がケガをした場合の治療費を補償するということもあります。自転車に乗っていてケガをした場合の治療費、入院費も自転車保険の補償対象です。

自転車は手軽な乗り物ですが、あくまで「車両」であり、事故を起こし、人にケガをおわせた、死亡させた場合には高額な補償金の請求が命じられることがあります。物損事故の場合も弁償責任が生じます。自分がケガをし、入院することもあります。ですから先の不測の事態に備えて、今から自転車保険という形で備えをしておくことをお勧めいたします。